あなたのVRの旅行を始めなさい
VR

icon
良質
信頼のシール、信用チェック、RoSHおよび製造者の機能の査定。 会社は品質管理システムおよび専門のテスト ラボを厳しく持っている。
icon
開発
内部専門の設計チームおよび高度の機械類の研修会。 私達はあなたが必要とするプロダクトを開発するために協力してもいい。
icon
製造業
高度の自動機械、厳しくプロセス制御 システム。 私達はあなたの要求を越えるすべての電気ターミナルを製造してもいい。
icon
100%サービス
バルクおよびカスタマイズされた小型パッケージ、FOB、CIF、DDU、およびDDP。私たちはあなたがあなたのすべての懸念に最適な解決策を見つけるのを手伝いましょう。
  • 電気自転車電池のパック
  • LiFePO4電池のパック
  • 携帯用動力火車
  • リチウム イオン充電器

Shenzhen Ryder Electronics Co., Ltd.

0 Years
電池ODMの製造業の経験
0+
巧妙な場合
0+
緑エネルギー ユーザーを得なさい
より多くの製品に関する情報、か最も最近の引用語句を知りたいと思えば私達尽くすより多くのサービスを提供するために全力を私達にいつでも連絡できる。
上の一突き
もっと眺め
私達がだれであるか
RyderはLonghua地区、シンセン特別なEcononicの地帯、香港のそしてマカウの近くの隣人にいる。私達は電池の焦点、充電器およびBMSビジネスであり、充電電池の研究、生産、電池のパック、電池の管理システム、電池保護PCM、充電器および他の関連の電子プロダクトで主に従事する。年2012年の初めに、Ryderは生産のための10以上,000平方メートルをカバーする。私達のプロダクトはさまざまな分野で乱暴に、eバイクのような、動力を与えられた車椅子、スクーター、ゴルフ カート、スケートボード、hoverboard、モーターボート、オートバイ使用された。今度は私達はアメリカ、日本、韓国、ヨーロッパ人、中東およびラテンアメリカからの顧客に専門の電池の解決およびOEMサービスを提供してしまった。 私達の会社、自己訓練および社会的な責任は、顧客および人々によって方向づけられる管理を、技術を開発するために作り、社会に私達の責任として役立つために最初に取る。私達は充電電池および電子工学力資源の各国指導者であるために捧げる私達の代表団としてすべての人類の信頼でき、環境の友好的な電力の解決を提供す...
  • 導入
    Ryderの電子工学は非常に統合された専門の電子力の解決の提供者です。設計で捧げた1つのハイテク企業。
    中国 Shenzhen Ryder Electronics Co., Ltd.
  • 歴史
    2005年7月18日電池のビジネスのにシンセンに、主に確立されるRyderの電子工学は詰まります。
    中国 Shenzhen Ryder Electronics Co., Ltd.
  • サービス
    どの研究、pres、電池の主に従事を詰めるか、電池の管理システム、電池保護PCM、
    中国 Shenzhen Ryder Electronics Co., Ltd.
  • 私達のチーム
    研究及び開発/品質管理/テスト中心
    中国 Shenzhen Ryder Electronics Co., Ltd.
ホット トピック
よりよく、柔らかいパックのリチウム電池または堅いパックのリチウム電池はどれであるか。

よりよく、柔らかいパックのリチウム電池または堅いパックのリチウム電池はどれであるか。

よりよく、柔らかいパックのリチウム電池または堅いパックのリチウム電池はどれであるか。 柔らかいパックのリチウム電池:柔らかいパックのリチウム電池はポリマー貝が付いているちょうど液体のビーバー電池である。構造のタイプはアルミニウム プラスチック フィルムの包装である。潜在的な安全上の問題の場合には、柔らかいパック電池はただ膨らみ、最高で割れる。2種類のリチウム電池の堅いパッケージがある:シリンダーおよび正方形。包装の構造に異なった市場の需要の場所のための異なった利点そして不利な点が、主にある。堅い詰められたリチウム電池の一貫性を保障することは比較的困難である。ますますモデルがあり、加工技術は完全に一貫して困難である。それはビーバー電池のパックの自動生産のために便利のカスタマイズされた生産および製造業のために適している。   柔らかいパックのリチウム電池の特徴 1. 広範囲使用、今それは3Cデジタル企業で非常に普及している。 2. 柔らかいパック ポリマー リチウム電池の形の観点から、柔らかいパックは形を変えることができる。自動車両のために、柔らかいパック電池を組み立てることは自動車両のスペースを高めることができる。一方では、柔らかいパック電池のアセンブリ位置は構造タイプの自動車両によって影響されない 3. それは非常に薄く、小さいスペースを占める。柔らかいパック電池の点では、それは電池のシンナーを作ることができる。柔らかいパック電池の全面的な操作の柔軟性そして一致は比較的高い。自動車企業のために、それに設計考えで大きい誘惑がある。 4. 高い安全性能。構造のタイプの柔らかいパック電池はアルミニウム プラスチック フィルムの包装である。アルミニウム フィルムの包装の最も大きい比較優位は柔らかく、ある特定の柔らかさがあることである。電池に安全性能上の問題がある場合、柔らかいパック電池は一般に膨らみ、割れ、蒸気は排出されることを防がない液体の内部は爆発および火に終って、漏る。 5. それは小さく重量のライト。柔らかい内部に閉じ込められたポリマー リチウム電池の容積の点では、それに軽量、大きい容積、小さい内部抵抗および便利な設計思想の特徴があり、次第に比較優位および顕著な主要なポジションを示す。 6. 小さい内部抵抗。柔らかいパック電池の内部抵抗はリチウム電池のそれより小さい。現在、国内柔らかいパック電池細胞の最低の内部抵抗はリチウム電池のパックの自己の力の消費を非常に減らす35m2よりより少なくある場合もある。 7. 設計は適用範囲が広い。柔らかいパックのリチウム電池の形は顧客の市場の需要に従って市場の細胞モデルを開発するためにカスタマイズすることができる。 柔らかく、堅いリチウム電池のパックの相違パッキングが外であればリチウム電池の柔らかいパッケージおよび堅いパッケージは主に示すリチウム電池のパックの貝材料間の相違を、それ見にくい電池の存在論を見なければならないある鋼鉄電池の貝の重量は電池の同じ容積より集中するが、アルミニウム貝および柔軟材包装は、しかし手の壊れ目の変形を用いるアルミニウム電池より容易に柔らかい区別し、易くない柔軟材包装。 ●低い重量 ソフト パック リチウム イオン電池は鋼鉄で被覆された同等より軽い40%およびアルミニウムで被覆された同等より軽い20%。重量の点では、ソフト パック リチウム イオン電池はハード パック リチウム イオン電池より大いに軽いが、主要な重量比率は場合の重量である。 ●低い容量 ソフト パック リチウム イオン電池は10%から15%そして5%から10%同じサイズの高いより鋼鉄およびアルミニウム電池である。容量の点では、柔らかいパックのリチウム電池の容量は堅いパックのリチウム電池のそれより大いに高くないがが、2間にある特定のギャップがある。高容量の条件の分野では、柔らかいパックのリチウム電池の適用は堅いパックのリチウム電池のそれよりまだ高い。 ●低い形 柔らかいパックのリチウム電池の内部電池が液体である、従って形は通常いろいろな形があることができるのでこの特徴にリチウム電池の形のための特定の条件の分野で堅いパックのリチウム電池上の大きい利点がある。 アルミニウム プラスチック フィルムの構造では、セキュリティ上の問題の場合には、柔らかい電池を包むことはただ爆破する。
2021-11-22 13:39:12
リチウム電池の過充電の問題を理解する方法

リチウム電池の過充電の問題を理解する方法

満たすとき通常誤解があります:完全な充満に付くことはよいです。特にそれを満たし続ければそれは行くためにから100%から99%彼を殺すかもしれませんが十分に満たされた後あなたの電話をプラグを差し込んでおくことは電池の製造業者が推薦することではないです。 リチウム イオン電池は全権ではないです   多くのより古い生成は新しい電話が十分に最初に排出される必要があり12時間満たされ、完全に排出される、従って3回を繰り返しなさい電話を得る場合告げます。より古い生成の助言に続く今リチウム イオン電池を使用するsmartphonesはもはやあまり扱いにくい電池の維持プロセスを必要としません。   ニッケルの金属の水素化合物(NIMH)電池は繰り返された排出充満プロセスのために必要です。この電池に強い記憶があります。繰り返された満たし、排出のプロセスはまたより大きい充満天井を達成させますニッケル金属水素化合物電池にです。但し、今日の携帯電話はリチウム イオン電池を、そこにですあまりきたない電池の記憶プロセスを繰り返す必要性使用しません。従ってリチウム イオン電池はより高い帽子に常に付きますか。   答えはいいえ完全にあります。リチウム イオン電池が使用のために、繰り返された電池周期を通って満たし、排出の過程において有名であるがが、力の限界は損失によって防ぐことができませんこの損失は長い一定期間に集まり、通常料金に加えて損失構成することは、過充電の要因を主な刑事悪です。   過充電現象を理解する方法   過充電は完全ようであるのに電話が電池を満たし続ける有名な条件です。エネルギー蓄積電池の製造業者は電話が過充電に苦しんでいることを言います。条件の下で電池が完全でであること、連続的な充満により容量の損失に終って肯定的な材料の構造変化を、引き起こし、分離は酸素を解放し、電解物は持っています   激しい化学反応は、悪い結果自然な爆発です。   通常知識はまた私達に告げます、電池はニッケル金属水素化合物電池かリチウム電池が同じであるかどうか室温および退屈な場所で保ってがよいです。過充電が起こるとき、おそらく流れによって発生した多くの熱が出、それからリチウム電池にリチウム電池の大容量を消費する非常に電気分解の反作用があることがあります。熱がある程度は集まるとき、火および爆発のようなでき事は起こるためにが本当らしいです。 自然な携帯電話および充電器の製造業者はそのような低い保証に直面してむだに坐りません。結局、ユーザーがセキュリティ上の問題に苦しむとき、運からあるのは彼ら、そうそこにです携帯電話、USBポートによって満たされる特に現在の携帯電話および充電器を満たす多くの良い事です。   過充電は些細なことではないです   エネルギー蓄積電池の製造業者は電池の時の年死んでいて下さい以内過充電によってが実際に小さい事、携帯電話電池の生命直接ではない通常の携帯電話のユーザーについてこの携帯電話の時のあなたの使用に、電話任意過充電を許可しなさい、私信じる影響を与えたことを告げます。 電池の背部は今わずかにアーチ形になることを見ることができれば、おそらく充電し過ぎます。大規模に、過充電はあなたの安全の直接影響があることができそれらのshanzhaiの電話の不完全な電池は花火を引き起こせますかもしれません。それまだ開始で制御する時間からであることをようです過充電を基本的に防ぎたいと思って下さい。   充電し過ぎることを防ぎそれらは実際ににくいです   ほとんどの携帯電話に今日既にICの保護があります。充電器自体はまた電圧および流れを監察します。電池およびユーザーの操作の安全を維持するためには、エネルギー蓄積電池の製造業者は通常モバイル機器の細流充満方法を選びます。 携帯電話は高い現在の入力による流れのほとんどを失わないことをUSBポートを充満のために使用した場合、USBの充満港ワイヤーの損失が充満のための携帯電話によって交渉し、一致させれば適切な流れに計算されなければ、確認するため。慈悲の10%のような低い電池。   、電池を満たす力がより高くである今、流れまたより高いです。、および頼まれた現在の携帯電話が加えられたキャパシタンス次第に減るので、残りの10の後ろで|今では20のパーセントによって達される完全な再充電のパーセントおよび脈拍の流れのために頼み、次に電池の意思を、天井キャパシタンス損失を落とすために満たす充満方法、別名細流主要な携帯電話の再充電の計画、拡張します電池の寿命をです維持する小さい手の時間は。 携帯電話電池に過充電の維持を提供することに加えて、エネルギー蓄積電池の製造業者に充満出口に依存によって過充電を防ぐ別の方法があります。過充電を供給するソケットは安全な電圧を供給しなければなりません電圧振動は流れによって非常に影響されます。特にUSBポートの出力電圧馬小屋が非常に重要であることを確認する頻繁の夜の電圧振動の中国で。通常、USBの充満港の電圧は5Vです。理性的に流れを配ることができる一部のUSBの充満港はわずかに電話電池がフル パワーに近いとき入力電流を減らし、電池圧力を取り除くために充満港の電圧を、減らします。   携帯電話の過充電についてのこれらの方法はよく抑制的な効果をもたらしますが、私達が満たす携帯電話の場合には力のプラグを抜かなかったので底はまだ許可しました容量の上限の減少に終ってプロセス、排出し、充満繰り返される携帯電話をあります。
2020-07-25 15:19:59
リチウム硫黄電池のための新しいナノ コバルト多孔性カーボン ホスト材料は北京大学によって開発されました

リチウム硫黄電池のための新しいナノ コバルト多孔性カーボン ホスト材料は北京大学によって開発されました

The continuous progress of science and technology has put forward higher requirements for lithium ion battery technology, especially in the field of large-scale energy storage such as electric vehicles, which requires new lithium ion battery with higher energy density and lower price. Among them, lithium sulfur battery as a kind of multi-electron reaction lithium ion battery, its energy density (2600Wh/kg) and price advantage is far higher than the current lithium iron phosphate and lithium cobalt oxide commercial batteries, so it has attracted wide attention. However, there are a series of problems in the charging and discharging process, such as poor conductivity of elemental sulfur, shuttle effect of intermediate polysulfide, volume expansion in the charging and discharging process. At present, researchers have proposed a series of optimization strategies for the host materials of sulfur positive electrode, such as improving the conductivity of sulfur positive electrode through porous carbon and improving the adsorption of polysulfide through nitrogen doping. However, the effects obtained by various means are limited and the problem cannot be fundamentally solved. Therefore, a more effective positive electrode host material combining various functions is needed.   A new nano-cobalt porous carbon host material for lithium sulfur batteries was developed by Peking University A new lithium-sulfur battery material   Recently, the institute of Peking University shenzhen graduate school of the new material Pan Feng clean energy center research group led by professor one MOF material was prepared based on the common responsibility of cobalt nanocrystals nitrogen doped porous carbon cage as a new type of lithium battery of host materials, through its excellent electrochemical performance characterization testing found, and by including XRD, SEM, TEM, XPS, and a variety of means such as DFT calculation reveals the reasons of performance, illuminates the Co nanocrystals, polysulphide adsorption dynamics of the lithium ion diffusion and transformation of the positive role, for the preparation of new type of lithium battery cathode material provides a train of thought. The work was recently published in Advanced Energy Materials (2020,10 (9), 1903550, IF=24.884), a well-known journal in the field of Energy Materials. The novelty of this work is that the research team USES zNCO-MOF with high specific surface area to adsorb glucose small molecules, and then during the carbonization process, glucose is preferentially carbonized into SP2 structure carbon frame in the MOF cavity to isolate cobalt metal and enhance electrical conductivity. At the same time, an appropriate amount of sulfur can enable -- 87 wt% of active sulfur material to be loaded in the carbon cage rather than on the surface, so that sulfur and carbon cage skeleton maintain a strong interaction. Team preparation of cobalt nanocrystals with high dispersion bear the load of nitrogen doping of porous carbon cage how sulfide to sulfur active materials and intermediates with multifunctional effect, including the improvement of electrical conductivity, high sulfur content, stress relieving, the speeding up of the lithium ion diffusion dynamics, catalytic polysulphide rapid transformation and strong adsorption of polysulfide intermediates and so on, they can ensure that lithium sulfur batteries high ratio of performance and long cycle life. A new nano-cobalt porous carbon host material for lithium sulfur batteries was developed by Peking University Electrochemical properties of a new lithium - sulfur composite anode material At the same time, a series of studies have shown that the highly dispersed Co nanocrystals carried in the skeleton can not only effectively promote the diffusion of lithium ions and the REDOX of polysulfide, but also further enhance the absorption of polysulfide. This work provides a new reference for transition metals as high performance catalysts for polysulfide in lithium sulfur batteries.   This work was completed under the guidance of Pan Feng. The co-first authors of this paper were doctoral student Wang Rui and postdoctoral fellow Yang Jinlong, and teacher Xiao Yinguo and Teacher Pan Feng were the co-corresponding authors. This work has been supported by the National Key Research and Development Program of Materials genetic Engineering, the Key Laboratory of Guangdong Province and the Science and Technology Innovation Commission of Shenzhen
2020-07-25 15:29:41
もっと学びなさい